近頃、フルローンで買うことができる不動産物件が多くなっていらっしゃるようですが、本当に大丈夫なんでしょうか?フルローン(二棟目ならともかく一棟目だと、難しいかもしれません)とは、頭(いい、悪いなんてよくいいますが、単純に成績がいいだけでは幸せにはなれないことが多いでしょう)金なしで物件の全額を借りいれると言うこと。つまり、全額借金となるわけですね。この場合、ちゃんとした返済計画が出来、いれば問題はないでしょう。不動産投資は、月々安定した家賃収入が見込める訳ですから、返済計画に狂いがなければ計算通りに事は運ぶかもしれませんよね。けれど、何事も計算通りに行くとは限りません。空き部屋がひとつ発生したのみでも、計画に狂いが発生してしまいますね。そうなってしまうと、当初作った借金を返済するのでに自己資産(何割かを自己投資にまわすことでさらなる発展に繋がるといわれています)を取り崩してまで返済する事となります。これがしばらく続くと破綻にまで陥ってしまい、莫大な借金だけが残ってしまう結果ではないかと思います。このような状態を避ける為にも、まずフルローン(融資が受けられるかどうかは条件によるでしょう)での借金は避けるべきです。最悪、物件を売却すること態になったとしても、その売却金で借金が帳消しになるようにしておくと安心ですね。また、返済計画には余裕を持たせて、ある程度の状況には耐えられるようにしておく事も重要となってきます。フルローン(融資が受けられるかどうかは条件によるでしょう)は、1億円の資産(何割かを自己投資にまわすことでさらなる発展に繋がるといわれています)を手に入れて、1億円の借金を作ることです。物件は経年劣化により年々その価値が減少し行きますが、借金には金利(利子、利息といわれることもありますが、法律用語では利息を使うのが一般的でしょう)がありますから、そう簡単に減ることはないでしょう。フルローン(二棟目ならともかく一棟目だと、難しいかもしれません)を上手につかって物件を買って、利益を上げている方は、相当の努力と経験(しないよりもした方がプラスになるといわれていますが、時にはしない方がいいようなこともあるでしょう)、そして、能力がある方のみです。その点をよく覚えておいて下さいー